SAKE DIPLOMAの試験勉強をする前に〜Vol. 5 酒米について詳しく知ろう!

2017年からこれまで5回おこなわれたSAKE DIPLOMAの第二次試験のテイスティング試験では、日本酒の選択問題として、

  1. 原料米が「五百万石」または「山田錦」の酒
  2. 「アルコール添加」の酒
  3. 「セルレニン耐性酵母」の酒
  4. 「生酛(生酛・山廃酛)」の酒

はどれかということについて聞かれてました。

今回はその中でも、酒米について記していこうと思います。

山田錦と五百万石

山田錦と言えば日本で最も作られている酒造好適米です。

そしてその次に多く作られているのは五百万石です。

この2つの酒米をまずは押さえておいた方が良いと思います。

酒ディプロマの教本には他にも醸造用玄米生産量1位から20位までの品種が記されていますが、まずはこの山田錦五百万石を押さえておく必要があります。

詳しく知り調べたいときは「酒米ハンドブック」という本がありますので、こちらに酒米の形状や系統などが詳しく記されています。

created by Rinker
¥1,540 (2022/05/18 06:10:31時点 Amazon調べ-詳細)

ざっくり言うと

山田錦が晩生(おくて)

五百万石が早生(わせ)

これをまず頭に入れておきましょう。

山田錦

  • 温暖な地域で生育されている
  • 成熟に時間をかけて大粒の米を作ることができる
  • 晩生品種

五百万石

  • 寒冷な地域で生育されている
  • 寒くなる前に収穫できるように早く成熟することができる
  • 早生品種

これらの品種をまず覚えて、これらをベースにしていろんな酒米の品種を覚えていくようにしましょう!


日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA